医師紹介

院長 加藤 大輔

院長 加藤 大輔

略歴

1996年
神奈川歯科大学卒業
2000年
同大学歯学研究科修了
歯学博士・口腔細菌学専攻
2000年~2013年
大庭台歯科医院勤務(非常勤)
2001年~2013年
鶴見大学歯学部勤務
助教・口腔微生物学講座
(2013年~同講座非常勤講師)
2003年~
学校法人鈴木学園
中央歯科衛生士調理製菓専門学校
非常勤講師:口腔微生物学
2013年~
小笠原歯科医院 開院
現在に至る
2013年~
小笠原歯科医院 開院
現在に至る

ごあいさつ

院長の加藤大輔です。
休日は写真や車、お酒などを嗜んでいます。
また口腔細菌学を専門としています。
歯の治療を行う際に大切にしなければならないことは、 「きっちりと患者さまの口内トラブルを治してあげること」だと考えています。
ですが、これだけでは良い治療とはいえません。

良い治療を行う最重要項目は、「患者さまのお気持ちを大事にすること」であり、 ただ口をみて歯を治療するだけでは、その場限りの治療しかできません。 そのためにしっかりとお話をさせていただいて、患者さまがどういう状態で、 どういうお心なのかを知ることから治療を始めます。
お話を通じて、心配なことや不満なこと、 将来どういう歯になりたいのかなどをドクターやスタッフがしっかりと把握し、 患者さまに合った治療を提供しています。